徒然日記

変なことをつらつらに書きます。あとは過去の振り返り

過去をつらつらと

どうも、しがない元カノコンプマンだよ。引きずってんな。もう2年だろ、しっかりして

 

 

 

これから数回に分けて今までの事を書いていこうと、自分語りですわ。自分語り

今日はとりあえず小学生までかな。

 

 

 

では早速、幼少

 

 

 

 

生まれた時、泣いてなかった。医者も看護婦も親も青ざめたみたい。そら死んでると思うもんな。何回かケツを叩かれて泣き出した。酷くないか、生まれた時から泣いてない赤ん坊もいるはずなんだが、一応生存の確認なんだろう。ゾッとする話のひとつ。

 

 

 

 

そこから2年カプセルに隔離される。栄養が足りなかったらしい。そりゃ泣けないわな。この時一体どんな気持ちで親は俺を見ていたのかと思うと、少し暖かくなる。今度何かプレゼントしなきゃな。

 

 

2年どころかここから記憶が吹き飛んで、時は5歳。幼稚園の年中から入園した、1番覚えてるのはここからの記憶。めちゃくちゃ仲良くできた友達が2人いた。特に普通に幼稚園児していた。

 

言えないエピソードといえば、実はこの時点で変態だったのだ。バスで帰るんだけどバスに乗る前玄関に並んで座り、しばらくお芝居を見る時間なのだが、先生の目を盗んで隣の女の子を触りまくっていた。足、服の中の背中。よりどりみどり。

 

しかしよく良く考えればバレバレだろこれ。あの時の俺はどういう確信でやってたのかわからないな。普通の幼稚園児してねえじゃねえか。

特に何も無かったのが救いだな。親に相談とかされてたらまずやばかっただろうな。

 

 

 

晴れ晴れと小学生、仲が良かった幼稚園の頃の友達2人がそれぞれ転校してしまった、なかなか悲しかった。

 

 

小一、原チャリにひかれる。キウイ食ってアナフィラキシーショックを起こす。など。生きててよかった

 

小二、めっっっっちゃ好みの子がいてラブレターを靴箱に入れたもののクラスのヤツらにはどやされ女の子達のグループには変な目で見られ、しかも返答はなし。ただ小二だったので特に気にしなかった。

 

鉄棚の角に歯茎がぶち当たり口の中がもげる。救急車で気を失う。歯茎が元に戻ったのは2年間、その間はぽっかり凹んだ歯茎だった。痛い話

 

 

小三、鬼ごっこしてて相手に目の前でドアを閉められ頭を派手にぶつける。高熱が出たので帰って寝ていると、なんと呼吸が止まったらしい。おもらしもしてたらしい。死ぬ前のあれだな。心臓マッサージと父親の人工呼吸、救急隊

の治療で一命を取り留めた。いやはや、1番死に近かったのはここだとはっきり覚えてる。気づいたら2日立ってたけど

 

小四、特になし。

 

 

小五、めちゃくちゃ可愛い子と同じクラスになり嬉しくなる。可愛かったなあ。好きではないんだけどね。先生が松岡修造とビビる大木を足した感じの人、気合いで給食をこの辺から食べるようになる。ここまで給食を食い終えたことは、カレーの日しか無かったのだ。

 

友達がガンダムオタク、合唱コンクールの曲に君は僕に似ているが採用される。連合vszaft2plusが出て、面白いだったので買ってどっぷりハマるなどして、このへんからガンダムオタクになって染まっていった。

 

 

小六、いじめとまでは言わないのだけど、一部チャラチャラした生徒からアトピーとかいろんなことをめちゃくちゃ言われる。さすがに小六までくると自我が少しあるので、少し辛かった。ただ誰かが先生に言ってくれたり、言われてるところを小二の時に告白した女の子が庇ってくれたりして、ことは解決した。全く情けないな、だけどほんとに嬉しかった。そう言えばあの頃はシャイすぎてお礼すら言えなかった。お礼を言いたい。会ってみたいな。

 

 

4年の時はグラウンドゴルフクラブ、5.6年は卓球クラブでクラブ活動していた。グラウンドゴルフはぼちぼち、卓球クラブは親とたまにやってただけあって、先生に勝てるくらいだった。

 

 

勉強については6学年とも、高校まで何ら変わらない。数学系は得意だし、国語も大体いい。社会理科はノーコメント、そんな感じでそんまま地元中学に入学した。ここまでは決められたルートコースだ。

 

 

 

 

割かし長くなったので、やっぱこの辺にしておこう。今度は中学の話から、サクサク振り返る。

 

Googleで幸せ(番外編)

Googleでさ、ちょっと悩み事あって検索してみたらこんな記事が、っていってリンク貼りたいんだけどめんどくさいから今度貼るね。





いやね、ほんと悩んでたのよ。元カノのことでね?

なんかきづいたら嫉妬とかも抱くようになりつつあって、俺の対する思いってなんなんだって思って、本当に大切な人ってググッたんだよ。



出てきた記事に、俺は救われたね。人間やっぱ後ろ向き姿勢はダメなんだ、ネガティブシンキングは辛いもんだ。そんな記事を見ただけで簡単に前向きになれる俺も面白いんだけど




本当に大切な人ひとからの見返りなんて何もいらなくないか?という問いかけに俺は悩んでた全てのことをぶち砕かれたよ。そうだよ、俺はなにもいらないんだ。俺の拠り所はだって、あの子達が元気に生きてくれる、それだけなんだから。


俺個人には何もいらない。奢った金も貸してる金もべつに返される必要なんてない、あいつら自身のために使って欲しい。

好きになってもらう?いやそれは別に勝手やろ。たしかに俺にとって好きになって貰えたら嬉しいかもしれないけど、もしかしてこんな2人の状態を引きずったら苦しむのは彼女たちやぞ、無理して好きになってもらう必要なんてないし、そんなこと望んでないだろ。よければ程度やろ身勝手マンめ!



見返りのない愛なんて、とかいう人もいるけど、俺はあいつらが幸せに生きてくれれば、それが俺の幸せなんだよって何度もこのブログでも言ってたな。




そうだよ、何悩んでんだよ。いまの思いをずっと胸に刻み込め。俺は幸せなんだよ今、その幸せをぶち壊そうというやつが出てくるかもしれない。

元カノの職場のクソみたいなのが、または元カノの薬の酩酊に漬け込んで襲うクソみたいなやつが出てくるかもしれねえ。



なら俺はそういうやつとひたすら関わらせないように、そして話を聞いてあげられるように。むしろ話してくれたことには感謝を込めて





なんの見返りもいらない、俺はただ本当に元カノの存在に助けられながら、時には助けながら、あいつらの幸せを守ってやるんだ。あいつらをただただ大切に。ずっと大切にしてあげるんだよ。本当に、何を言われようと本当に大切な2人なんだから。


それが俺の最大の幸せだ。

幸せ6

なーんかほんと周りみてると幸せだなって常々思う。

いうて何が幸せなのかな、こうみんなめちゃくちゃ元カノ元カレと悲惨な感じに関係切ってるけど



それも未練がないって意味では幸せ、って考えもあるかも?





やーだけど俺にとって関係切った時ほど辛いことは無かったし、
大切にするってのはもう決めちゃってるし
未練ありすぎなのかな?





とは言いつつもまあ僕にはとても可愛い元カノが二人いて、特にどっちもガッツリ距離感が近いわけでもなければ、遠い訳でもないと勝手に思ってるんだけど、ってか大切にしたい人2人いるってのがとてもこう、クソじゃね俺みたいな




復縁ってのは考えてないんだけど、こうね。
新しく好きな人ができる素振りもなければ、いや、2人が大切すぎて




大切すぎてきっと新しい恋人ができたり、恋人との進展があると嬉しくはあるけど、寂しいのかもしれない。娘が巣立っていく感じ……に近いような









娘なんてできたことないけど〜だけどそんな感じなんだろうな

幸せ7

今、幸せを噛み締めている。

 

 

別に今は幸せでもなんでもないのだけれど。

 

 

 

 

高校の時に、俺がクソみたいな性格しててめちゃくちゃ迷惑をかけた元カノ。

そんな元カノともこの前軽く飲みに行き、めちゃくちゃ高いテンションとドジっぷり、幸せそうな振る舞いと笑顔を見て

 

 

 

すげぇ嬉しかった。父親からひどい暴力を受けていた子が、父親から離れるために東京で就職を決め、独り立ちしてきた。幸せな彼氏も持ってる。

 

そんな環境にいたのにとても元気をくれる。

あの時あんなにクソだった俺に笑顔を与えてくれた。

今でもちょっと後悔しちゃうくらい凄い女の子で、しかもとびきり可愛いんだ。自慢出来る、俺の初めての彼女だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年、半同棲という形で半年間一緒にいた元カノ。

お互いいろいろあった、だけど正直俺の方が助けられていた。インフルエンザの時も入院した時も、とても尽くしてくれた。多分いなかったら俺が死んでただろう。

 

 

彼女を失い、彼女が好きだったアイドルに会いに興味を持ち、その魅力にひかれた。

当然彼女が怒ることはわかっていた。

だけど区切りをつけるために気づかせたのかもしれない。

 

彼女は俺のことをかなり嫌いだと思うが仕方ないことをした、申し訳なさしかない。

 

 

 

 

あれだけ尽くしてくれた。高嶺の花のような女の子は正直もう現れないと思う。

今の彼氏ともとても良くやっているみたいだ、結婚したら素直にお祝いをしてあげたい。

生きようと思えるあの子が続いてほしい。俺は今になって、感謝を常にしている。今更かもしれないけど。

 

 

 

 

 

 

 

こんな過去を持って、俺は今考えている。

 

それぞれ二人が愛してくれた期間、俺がどれだけ馬鹿だったかについては反省しなければならない。

 

 

 

 

もし今度恋をする時は、精一杯大切にして、精一杯頑張りたい。

それは当然のことなんだけど。

 

 

 

 

 

今は何もかも貪欲にならなくていいんだなって

今の俺はそういう状態が一番楽なのかもしれない。元々この2人も、そういう感じで付き合ったのではないのだから。

 

 

 

求めるな、ただ周りの人を大切にしろ。その思いが大切ってことを改めて知るために。だから彼女たちがいた幸せを、噛み締めることにする。

 

 

 

辛いことはあるだろうが、これからも幸せであってくれ。俺は俺なりに頑張るから。もしなんかあったらいつでも頼ってくれ。と

 聞こえないかもしれないけど俺はそう願ってる