読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然日記

つらつらに書きます。主にあの人向け

頭痛薬

彼女が離脱したことによって離脱症状が起きてる。

 

 

 

 

 

そんな5月16日

感覚

間隔的にはいつぶりのこんな思いだろう

 

 

 

 

数ヶ月前、1月の時。

 

 

以来だなあ。 

 

なんか言うべき言葉間違えたかな

どうにか俺が言う事変えとけば、止められたんじゃないかな

 

 

 

 

ただただ、後悔

 

 

 

 

罪悪感なんてなくていいんだ、バイト先がおかしいんだから。

 

 

なんて声をかけてもきっと届かないし

 

 

どんなに心配した声も、きっと今は届かないんだろうなあ

 

 

 

いつかもっと信頼されて、なんでも聞いてくれる女の子になってくれるのかな

 

 

 

 

 

俺がそれほど信じられてないのが悔しいのと、そんなに力になれてないのが辛いのと、なんだろうこの気持ち

 

 

 

 

 

もっと頼ってくれるために、もっと愛し合うために。必要なものはとりあえず、信じよう、今は生きてることを祈ろう

 

 

 

 

 

生きてさえいれば、どうにかなるのだから

記憶

なんかいきなりいろんなことを忘れたりしない?

 

 

 

いや覚えてないだけか、忘れる以前に、覚えてないだけかな。

 

 

 

だけど凄くなんか、空白感があるんだよなあ

思い出

美味しかったしいい店だった


f:id:nanashinonakao:20170419032815j:image

 

 

同文


f:id:nanashinonakao:20170419032855j:image

 

 

 

同文


f:id:nanashinonakao:20170419032916j:image

 

 

 

同文
f:id:nanashinonakao:20170419032951j:image


f:id:nanashinonakao:20170419033006j:image

 

 

 

 

 

 

 

………………飯画像しかないんだけど

 

 

 

まあこれもいっか(俺の撮ったやつじゃない)
f:id:nanashinonakao:20170419033252j:image


f:id:nanashinonakao:20170419033206j:image

 

もっと撮影したい、2人で撮るなり、お前だけを撮るなり

 

 

そして残したい、今度はたくさん写真を撮ろう!いろんなことを思い出として。

素直

 

 

これからはずっと、素直に接していこう。

 

 

 

素直に生きよう、お互い

 

 

 

たくさんのソレ

どうやらゲームを連続でしすぎたようだ、ちょっとした頭痛と吐き気。

 

酒飲んだ悪酔いか、両方かもしれない。。後悔をしつつ寝ながら書くことにする。

 

 

 

 

 

 

俺は、基本いい人ぶろうと思っている。

いい人ぶろうと思って頑張っているが、実は本心は適当なのかもしれない。

心配してそうに見せかけて本音はどうでもいいのかもしれない。

 

かもしれない。

 

 

 

 

そんな自分が嫌だなー何が自分なんだろとか考え詰めていた頃、あいつの帰りません事件があった。

 

 

 

 

その時のことを考えるとまあ、そりゃ愛した人に対しては本気の心配をするみたいだ。

 

 

 

 

心配するくせに発端となった天邪鬼みたいなことを言っちゃう癖はどういう心から来てるのだろう

 

 

・相手の気持ちを尊重したい

 

・好きなようにすればいい

 

・拗ねる

 

あたりが合体しているのだろう。

 

 

 

素直な自分が常にあるのが一番だ、そう思ったことだった。

 

 

 

 

 

再来週が楽しみだけど、俺は現実的側面とも向き合わねばならなくなってきた。

 

だけどあいつの存在のおかげで頑張れる。愛してる存在って強いなあ。

 

 

 

 

ここまで好きになるなんて思わなかった。

ほんとに可愛い、頑張り屋だ。気配りもうまい。けどなんかそういうんじゃなくて

こじらせてる所はあるけど、そんな所は気にならないほど好きだ。ただただ、そんな気持ちだ。

 

 

 

 

誰よりも何よりも今までで一番好き、それが本心だ。

たまに天邪鬼になるかもしれないけど、そればっかりは変わることは無い。

 

 

 

 

 

早く再来週にならないかな、お花見をしに行きたい。

無事会えることを願って、明後日から連勤頑張らないとなあ。

 

 

 

 

頑張って頑張って、あいつのため生き死にたい、そう思える